「公的支援制度」カテゴリーアーカイブ

英語版のサイトを公開。一人暮らしのうつ病、精神障害者への支援が本格スタート

愛ある募金支援

2020年8月7日、「一人暮らしの精神障害者こそ障害年金が必要。オンライン決済を使った定額募金を開始。ご支援をお願いいたします」を公開。それと同時に、オンライン募金・寄付フォームも公開しました。 実は構想の初期からサイトの英語化(一部のみ)、国際化の準備を行っていました。当初から日本国内での募金・寄付は困難と判断し、活動を始めていたのです。 日本には寄付文化がない 日本人は寄付しません。このことを私は実体験を通じて把握しています。 2010年4月に「資金決済法」が施行されるまでの約4年間、私は「 … 続きを読む 英語版のサイトを公開。一人暮らしのうつ病、精神障害者への支援が本格スタート

シンスプリンターからSPソーシャルサポート企画へサイト名を変更しました

精神の障害に係る等級判定ガイドラインの早見表

突然ですが、サイト名を変更しました。新しいサイト名は「SPソーシャルサポート企画」になります。 ちなみに「SP」は旧名のシンスプリンターを略したものです。「SS」の方が略としては正式かも知れません。しかし、直感で決めました。 一人暮らしなら障害年金は厳しい 当サイトで何度も取り上げていますが、2016年9月1日、「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」が施行されました。それによって「一人暮らし」の精神障害者は、障害年金を受給することが大変困難になりました。 ■参考記事 2016年9月以降、精神障 … 続きを読む シンスプリンターからSPソーシャルサポート企画へサイト名を変更しました

一人暮らしの精神障害者こそ障害年金が必要。オンライン決済を使った定額募金を開始。ご支援をお願いいたします

hopeless-depression

一人暮らしの精神障害者は「公的支援」無しでは社会復帰がしづらいのです。 これは2016年9月以降、精神障害者「だけ」障害年金の受給が著しく困難に、苦しみは無慈悲に点数化され、そのうめき声はどこへも届かなくなったの中で書いた心からの叫び。 この記事からほぼ3年が経ち、コロナ大恐慌に襲われた今、「独り身の精神障害者は障害年金(公的支援)がないと本当に生きていけない」と改めて痛感。 家賃も払わないといけない、水道光熱費も払わないといけない。社会保険料も課せられる。現金には羽が生え、容赦なく逃げ去ってい … 続きを読む 一人暮らしの精神障害者こそ障害年金が必要。オンライン決済を使った定額募金を開始。ご支援をお願いいたします

他所(管轄外)の精神障害者雇用トータルサポーターも利用できた話。セカンドオピニオン制を強く推奨

rain_man

2016年10月、突如うつ病が再燃。そして退職。 発症は2010年。6年間きちんと通院、服薬をしていても急にぶり返す。 「もう、健常者として仕事や生活するのは無理だ…」。そう痛感しました。 障害者として生きる 障害者として生きる。抵抗はありました。悩みました。しかし、最終的には精神障害者保健福祉手帳を取得。そして「障害者雇用」を活用し、正式な障害者として社会復帰をしようとしたのです。 とはいえ障害者枠での就職活動は初の事。何から始めたら良いのかさえ分からず。焦りと不安ばかり。もうそんな状況に居る … 続きを読む 他所(管轄外)の精神障害者雇用トータルサポーターも利用できた話。セカンドオピニオン制を強く推奨

2016年9月以降、精神障害者「だけ」障害年金の受給が著しく困難に、苦しみは無慈悲に点数化され、そのうめき声はどこへも届かなくなった

精神障害者としての自覚

2016年11月。うつ病が再燃し、やむなく退職へ。今回は重篤な「睡眠障害」に悩まされました。例えば23時に就寝して、24時台に起きるなどの「超」短時間睡眠のため、深刻な睡眠不足になっていました。当然遅刻や欠勤は多くなり、最後は出社さえ出来ない状態になってしまったのです。 障害者としての自覚 そもそも私のうつ病が発症したのは2010年の4月。しかし、すぐに心療内科に駆け込んだため、重症化はしませんでした。 また私のうつ病は、精神症状(抑うつ、意欲、思考低下など)はほとんど表に出ない「仮面うつ病」で … 続きを読む 2016年9月以降、精神障害者「だけ」障害年金の受給が著しく困難に、苦しみは無慈悲に点数化され、そのうめき声はどこへも届かなくなった

絶対に自己判断で断薬・減薬してはならない 経済的に苦しければ自立支援医療制度を

ハルシオン

私は2010年の4月からうつ病と診断されました。 私の場合の初期症状は以下のようなものでした。 眠れない(入眠困難) ひどい倦怠感・疲労感 易疲労性 心臓の痛み、動悸 集中力の低下 注意力の散漫 まずは身体症状が出現 その中でも最初に現れたのは、ひどい倦怠感・疲労感でした。 特に出勤時は大変でした。 朝、家を出て電車に乗ることは出来たのですが、職場の最寄り駅に近づくにつれ、どんどん、倦怠感が増し、頭も体も鉛のように重くなっていくのです。 駅についた時点では、立っているのがやっと。 すぐにベンチに … 続きを読む 絶対に自己判断で断薬・減薬してはならない 経済的に苦しければ自立支援医療制度を