一人暮らしの精神障害者を支援する定額募金の受付開始。数百円から貧困問題に参加しよう

一人暮らしの精神障害者の貧困を支援する定額募金 受付中

hopeless
出典:Being Ridiculously Good at Life: How to Deal With Hopelessness

販売の背景

2016年9月1日より「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」が施行されました。

以降一人暮らしの精神障害者は障害年金が受給不可能になりました


  • 身体障害者より▲6万円も低い賃金(障害者雇用の場合)
  • 一人暮らしの割合は、精神障害者が最も高い
  • 一人暮らしだと障害年金(▲5万円〜/月)がもらえない
  • 毎月、▲家賃支出がある

身体障害者に比べ少なくとも▲11万円の収入格差。

一人暮らしの精神障害者たちは、何らかの支援が無ければ深刻な貧困層に。当然自殺者もいたでしょう。

不可抗力による貧困

障害者間の収入格差。理不尽な制度改定。彼らは何も悪いことをしていないのです。ただ「一人暮らし」をしていただけなのです。

愛ある募金支援

そんな苦労者たちのに「募金」という優しさをお恵みする。定額募金の購入を通じて社会的支援に参加してみませんか

募金フォームはこちら

一回だけの募金も可能

定額募金システムなので、デフォルトでは選んだ金額を毎月お支払いただくことになります

しかし、「一回」のボタンを選択することで、継続ではなく一回だけの募金をすることもできます

決済方法

以下のクレジットカード払いが基本ですが、PayPal(ペイパル)決済も利用できます。

visa-mastercard-amex

クレジットカード決済:Visa、MasterCard、American Express に対応(JCBは未対応)


PayPal(ペイパル)による決済方法は2種類

1.クレジット決済(こちらはJCBに対応)
以下のクレジットカードが使えます。
PayPal対応のクレジットカード

 

2.銀行口座振替
以下の銀行からの振替に対応。
PayPalに対応した銀行

 

なおPayPal決済を利用するにはPayPalアカウントが必要です。詳しくは無料アカウント登録|個人向け-PayPal(ペイパル)をご参照下さい。

手数料

決済の際に手数料はかかりません。決済手数料等は当方が負担します。
PayPalアカウント利用時も手数料はかかりません。

寄附金控除は受けられません

法人化していないので寄付金控除の対象外です

なお寄付を受けとる団体名は「SPソーシャルサポート企画」となります。

寄付金額の変更等

毎月払いの決済をした後、登録メールアドレス宛に、寄付者用のアカウント(Donorbox donor account)の開設案内のメールが届きます。

寄付者専用ログインページにて以下の事ができます。

  • 解約
  • 募金額の変更
  • その他各種手続き

返金処理が寄付者ページに反映するまで5〜10営業日かかるそうです。

※PayPalにて決済された方は、必ずPayPal側で返金処理をして下さい。

ちなみに定額募金プラットフォームには無料募金ボタン - Donorbox 非営利募金ソフトウェアを使っています。2014年アメリカ発のサービスなので、まだ完全には日本語化はされていません。

メールアドレスは正確に

寄付者専用のアカウント作成のため、メールアドレスが必須です。正確にご入力頂ますようお願いいたします。アカウントが正常に作れないと、募金の中止など重要な手続きができなくなります。

領収書の宛名になるので、「名」と「姓」(名字)の欄は実名をご入力下さい。