Ukuuを使いThinkPad E585 AMD Ryzen 5 2500UでのChaletOS 16.04のフリーズ再発を阻止する方法

前回ThinkPad E585 AMD Ryzen 5 2500Uにて、ChaletOS 16.04が、頻繁にフリーズするという事実を紹介しました。そして、その打開策としてHWEカーネル(カーネルVer.4.15)にアップグレードするという方法を紹介しました。

しかし、その後フリーズが再発。ただ、その発生頻度は以前より低いものでした。

ちなみにフリーズが起きた時には、常に以下のようなログが吐き出されていました。

5月 23 20:51:22 xxx-ThinkPad-E585 kernel: do_IRQ: 1.55 No irq handler for vector
5月 23 20:51:22 xxx-ThinkPad-E585 kernel: do_IRQ: 2.55 No irq handler for vector
5月 23 20:51:22 xxx-ThinkPad-E585 kernel: do_IRQ: 3.55 No irq handler for vector
5月 23 20:51:22 xxx-ThinkPad-E585 kernel: do_IRQ: 4.55 No irq handler for vector
5月 23 20:51:22 xxx-ThinkPad-E585 kernel: do_IRQ: 5.55 No irq handler for vector
5月 23 20:51:22 xxx-ThinkPad-E585 kernel: do_IRQ: 6.55 No irq handler for vector
5月 23 20:51:22 xxx-ThinkPad-E585 kernel: do_IRQ: 7.55 No irq handler for vector

このようなログを伴うフリーズは、他のThinkPad E585 AMD Ryzen 5 2500Uユーザーでも、多く起こっているようでした。

Ubuntu 19.04ではフリーズが起こらない?

しかも再発したフリーズに関しては全く糸口が見えず、時間だけ経過。そうこうしている内に、Ubuntuの最新のバージョン19.04(Disco Dingo)がリリース。やがてUbuntu 19.04では、AMD製CPUでもフリーズが発生しないことが報告されるようになりました。

ちなみにUbuntu 19.04からは、カーネルVer.5.0が採用されています。

このことからして、ChaletOS 16.04でもカーネルをVer.5.0以降へアップグレードすれば、フリーズが回避できるのではと考えました。

結果、その推測は当たっていました。

カーネルVer.5.0以上にアップグレードするには

前回、ChaletOS 16.04.2のデフォルトカーネル(Ver.4.8)をHWEカーネル(Ver.4.15)へアップグレードするコマンドを紹介しました。

sudo apt-get install --install-recommends linux-generic-hwe-16.04 xserver-xorg-hwe-16.04

この方法では現在のLTS(16.04)を維持したまま、カーネルVer.4.15まではアップグレードができます。

しかし、これより上位のカーネルへアップグレードするには、別の方法を取らなければなりません。しかし、それらは全てサポートの適用外となります。

Ukuuを使う

そうした中で最もリスクが少ないと思うのは、Ukuuというソフトを使用する方法です。

しかし、この方法もサポート対象外の方法です。

そのためアップグレード後、不具合などが起こる可能性はあります。カーネルアプグレード前に、必ずバックアップをとりましょう

バックアップソフトとしては、「Timeshift」が使いやすいと思います。

以降の手順は、繰り返しになりますが、公式サポート対象外です。あくまで自己責任でお願います。

Ukuuのインストール

Ukuuをインストールするには以下のコマンドを使用します。

sudo apt-add-repository -y ppa:teejee2008/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install ukuu

■参考
GitHub - teejee2008/ukuu: A paid version of Ukuu is now available with more features. https://teejeetech.in/2019/01/20/ukuu-v19-01/ Kernel Update Utility for Ubuntu-based distributions. Provides desktop notifications when new mainline kernel is available. Lists kernels from http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/ with options to install and remove.

Ukuuの使用方法

Ukuuを起動するとまずは、利用可能なカーネルのリストの取得が始まります。

カーネルリストの取得

その後、インストール可能なカーネル一覧が表示されます。

インストール可能なカーネルリスト

その中から、インストールしたいカーネルを選択し、右上の「Install」ボタンをクリックします。

私は、2019年5月末時点で最新だったVer5.1.6をインストールしました。

カーネルのアップグレード

「Install」ボタンをクリックした後は、以下のような画面になり、アップグレードプロセスが開始します。

カーネルアップグレード中

カーネルのアップグレードが終わると、最後に「Close window to exit」と表示されます。指示通り画面下部の「Close」ボタンをクリックするか、×ボタンなどで画面を閉じます。

その後、再起動をします。

起動時のエラーは無視

再起動をすると、GRUBの画面で以下のようなメッセージが表示されます。動作に支障は無いので、気にしないで下さい。

起動時にエラーが表示される

iommu=pt

ちなみに起動時のエラーメッセージですが、カーネルパラメーターに「iommu=pt」を追記すると若干表示が少なくなります。とは言え「iommu=pt」を追記したからといって、動作が安定するという訳でもありません。

若干エラー表示が少なくなる

変更後のカーネルパラメーターは以下のようになります。

ivrs_ioapic[32]=00:14.0 idle=nomwait iommu=pt

カーネルパラメーターの変更、修正については前回の記事をご参照下さい。

Synapticを使う可能性も

無事に再起動ができても、場合によっては通知領域に「エラーが発生しました…」という警告が出る可能性があります

エラーが発生しました

その場合、「エラー通知アイコン」をクリックし、その中から「パッケージマネージャーを開始」をクリックします。認証画面が現れますので、パスワードをご入力下さい。

認証画面

認証が終わるとSynaptic」というソフトが立ち上がります

「Synaptic」は上級者向けのソフトです。ここで手順を間違うと致命的なエラーにつながる可能性があります。細心の注意が必要です

破損フィルターを使う

Synaptic起動後、すぐ以下の警告が出てくるはず。

破損パッケージ

ここでは「閉じる(C)」ボタンをクリックします。

Synapticの本画面になりましたら、左側一番下の「破損」をクリックします。そうすると、右側に破損したパッケージが表示されます。

破損フィルタ

その後、破損したパッケージの上で右クリック。そして「削除指定」を選択します

削除指定

以下のように「×」マークが付きましたら左上の「適用」をクリックします。

適用をクリック

次は以下の画面になります。ここでは「Apply」ボタンをクリックします。

apply

再び、Synapticの画面に戻り、左側の「破損」を選択しても何も無くなっていることが分かります。

破損パッケージ削除完了
破損パッケージがなくなっている

以上がSynapticを使ったエラーの解消方法です。次回起動時から、エラー警告は無くなるはずです。

カーネルVer.5.2では起動もできず

このようにUkuuを使って、カーネルのバージョンを5.1.xにアップグレードすることで、ThinkPad E585 AMD Ryzen 5 2500UでのChaletOS 16.04のフリーズは、ほとんど無くなります。

ちなみに、この記事を書いている途中、Linux Kernel 5.2がリリースされました。

試しに何回かカーネルVer.5.2にアップグレードしてみましたが、いずれも起動出来ずブラックスクリーンのままで終わりました。

動作確認ができてないので、カーネルVer.5.2以上へのアップグレードはおすすめはしません。もし試される方は、必ずバックアップを取ってから行って下さい。あくまで自己責任でお願いします。

Bluetoothが有効に

こうして平穏を取り戻した「ThinkPad E585 AMD Ryzen 5 2500U & ChaletOS 16.04」の環境ですが、カーネルをアップグレードすることでもう1つ思わぬ収穫がありました。

以前のカーネル(Ver.4.15)では、PC起動時にBluetoothがオンにならないという不具合がありました。しかし、それも解消されたのです。

Ukuuを使う。非推奨の方法です。しかし、カーネルをアップグレードしたからこそ、このような予想外の恩恵を受けることもできたのです。

以前のカーネルに戻すには

最後に、以前のカーネルに戻す方法もお伝えします。

まずはPCに電源を入れます。次にGRUB画面で、矢印キーを使い「Advanced options for Ubuntu」を選択します。そして「Enter」キーを押下します。

Advanced options for Ubuntu

その後、インストール済みカーネルの一覧表示画面に遷移します。

インストール済みのカーネルリスト

その中から、正常に使用できていたカーネルを選択し、「Enter」キーを押下します。そうすると以前のカーネルでの起動が出来ます。

不要なカーネルを削除

しかし、このままでは次回以降も、毎回GRUB画面で「Advanced options for Ubuntu」を選択しなければなりません。もし新しいバージョンカーネルが不要であれば、削除した方が良いでしょう。それもUkuuで出来ます。

まずはUkuuを立ち上げます。

不要なカーネル削除

カーネルリストの中から削除したいバージョン(Installed)を選択し、右欄の「Remove」をクリックすると、新しいバージョンのカーネルが削除できます。

念押しですが、この作業でも削除するバージョンの徹底確認と、Statusが「Running」のカーネルを決して削除しないように気をつけて下さい。

※関連記事