タグ別アーカイブ: ダイエット

パキシルは太る 患者の視点から

パキシルと他の薬の比較

医学的に言えば、抗うつ薬「パキシル」は【必ず太る】薬ではないようです。 先生にも聞いたのですが、パキシルで太る患者数も意外と少ないそうです。 確かに上記の表よると、パキシルの体重増加リスクは3段階中++と最大値ではありません。 しかし、私はパキシルで太りました。 そうです、人によっては太ります。しかも急激に。 私は4年前、うつの状態が悪くなった時に、ジェイゾロフト75mg→パキシル100mgに変更しました。 それから3年で約20kgも体重が増加したのです。 注意点1 太る危険性、医師から説明なし … 続きを読む パキシルは太る 患者の視点から

80kgから60kg台へダイエット成功 その秘訣!

体重増減表

以前の記事でも紹介したとおり、私は抗うつ薬を「ジェイゾロフト」⇒「パキシル」に変更したことによって、「3年で約20kg」も体重が増加してしまいました。 そのことに気づいたのが、去年の11月。ちょうどその頃、「シンスプリント」というケガや「ヒザの痛み」などを発症したのです。 意外と体重増加に気づかない 私は10年以上もランニングをしていのるですが、シンスプリントにつながるような「オーバーユース」には、あまり心当たりがありませんでした。 ところが何気なく、近くの体育館にある体重計に乗ったところ、自分 … 続きを読む 80kgから60kg台へダイエット成功 その秘訣!

私がシンスプリントになった理由

体重増減表

私は2015年9月のシルバーウィークにシンスプリントを患いました。 そうです、昨年のシルバーウィークは5連休だったのです。 私は、5日間ずっとランニングをしていました。 この走り込みが、シンスプリントの原因だと思っていました。 確かに、5日間の走り込みは「オーバーユース」につながります。 しかし、原因はそれ以外にもあったのです。 そのことに気づくのに少し時間がかかってしまいました。 急激な体重増加 以下の図をご覧ください。 なんと2012年から「3年で約20kg」も体重が増加していたのです。 私 … 続きを読む 私がシンスプリントになった理由

ZAMST(ザムスト)SP-1効かない人もいる

シンスプリントのテーピング一例

シンスプリントを治すには、まずは休養が大事。 しかし、シンスプリントをかかえながら、競技を続けざるを得ない人もいます。 私は、10年以上ランニングを継続しています。 しかし、それでも最近の3年間で体重が20kg激増しました。 これが私がシンスプリントになった原因です。 ではなぜランニングを継続していたのに、体重が激増したのか? それは長くなるので、別の記事で書きたいと思います。 テーピングはお金がかかる ということで、私はダイエットのためにランニングを続けながら、シンスプリントを治すという難しい … 続きを読む ZAMST(ザムスト)SP-1効かない人もいる

自己紹介

はじめまして、シンスプリンターと申します。 【略歴】 1977年生まれの男性。 いわゆる「貧乏クジ世代」もしくは「不運の世代」。 出身地:岩手県。現在はさいたま市浦和区に在住。 もちろん浦和レッズファン。 身長:175cmを行ったりきたり。 体重:ダイエット中のため秘密。 大学では心理学を専攻。その後建築デザインの専門学校に入学。 卒業後、ブラック企業に就職。その後の人生は右肩下がり、現在派遣にて職を転々とする。 2010年4月にはうつ病、2015年9月にはシンスプリントという難治性のケガを負っ … 続きを読む 自己紹介