私がシンスプリントになった理由

私は2015年9月のシルバーウィークにシンスプリントを患いました。
そうです、昨年のシルバーウィークは5連休だったのです。

私は、5日間ずっとランニングをしていました。
この走り込みが、シンスプリントの原因だと思っていました。

確かに、5日間の走り込みは「オーバーユース」につながります。
しかし、原因はそれ以外にもあったのです。

そのことに気づくのに少し時間がかかってしまいました。

急激な体重増加

以下の図をご覧ください。

体重増減表
2012年から体重が右肩上がり

なんと2012年から「3年で約20kg」も体重が増加していたのです。
私のシンスプリントの原因は、急激な体重増加に気づかずに、ハードなランニングを続けていたことにあります。

これが結局オーバーユースにつながってしまったのです。

抗うつ薬による体重増加

私は、体重が増える前からランニングをしていました。
もちろん、体重増加中もランニングを続けていました。

むしろ、体重が増えてからは、走る頻度を増やし、痩せようとしていました。

それでも体重は増加の一途をたどっていったのです。
ではなぜ、ランニングを続けていたのに、体重が激増したのでしょうか?

思い当たるのは、抗うつ薬を変えたことです。

パキシルは人によっては太る

ちょうど体重が増え始めた頃、私は病院を変更しました。
その時、抗うつ薬もジェイゾロフトパキシルに変更しました。

体重が増えたのはその頃からです。

薬で太ったら何をやっても痩せない

痩せるためなら何でもやってきました。

  • ランニング量の増加
  • 筋トレ量の増加
  • ダイエットサプリ、薬を試す
  • 食生活の見直し
  • 規則正しい生活へ

しかし、一度薬で太ると何をやっても効果でませんでした

パキシルで太る理由

パキシルで太る理由については詳しくはこちらをご参照ください。

ただ簡単に言うと、以下の作用が影響するようです。

  • 代謝抑制作用
  • 抗ヒスタミン作用

個人の感覚で言うと、明らかに代謝能力が落ちてる感じがしました。
一度、薬で基礎代謝系に悪さが及ぶと、何をやっても痩せません

これは本当に重大なことです。

薬について医師とよく相談しましょう

繰り返しますが、抗うつ薬が原因で太ったら、どんなことをしても痩せません。
薬を変えるしかありません。

もしあなたが中年期に差し掛かっていたら、
確かにいわゆる「中年太り」や「メタボ」と勘違いしやすいです。

しかしそれが薬のせいだったら、一大事です。
疑わしかったら積極的に医師に相談しましょう。

私はそれをしなかったから、シンスプリントになったのです。

特にスポーツマンは気をつけましょう

日頃から運動を続けている人やスポーツマンで、うつ病を患っている人は特に気を付けて下さい。

スポーツマンにとって、急激な体重増加は、あらゆる「スポーツ障害」につながります。

私の場合は、それがシンスプリントだったのです。

シンスプリントとうつ病

一見関係がないように見えますが、意外なところで接点があったのです。

※関連記事