楽天モバイル テザリング時は3日制限に要注意

旧プランは激しく遅い

私は去年の5月から旧イー・モバイルから楽天モバイルへ変更しました。
そして去年の11月頃までは、とても快適・快速に使っていました。

しかし、2015年10月6日から新APNが導入された途端、旧APNユーザーの速度が劇的に遅くなったのです

楽天モバイルの12時台
出展:楽天モバイルの速度は遅い?速い?定期実測中【3月7日最新】

上記の図にあるように、楽天モバイル(新)と(旧)では雲泥の差があります。

私の環境では昼12時台は下り100kbps台ぐらいに低下します。Yahoo!ニュースもろくに見ることができません。本当に楽天モバイルの旧プランユーザーを軽視する対応には、あきれます

最低利用期間は12ヶ月

まあ、楽天モバイルが初のMVNOだったんですが、いい勉強をさせてもらったと思うしかありません。

ただし、唯一救いなのが、MVNOは総じて、最低利用期間が短いという点です。
楽天モバイルの場合、最低利用期間が12ヶ月です。ただし他のMVNOの場合、最低利用期間が「半年」というケースもあるようです。

最低利用期間
出展:楽天モバイル(格安スマホ、SIM)が選ばれる理由

いずれにしても、あと2ヶ月で、解約できるので、他のMVNOに切り替えるか、楽天モバイルの新プランに加入するつもりではあります。

各社の3日間制限に要注意

あと、MVNOを利用するうえで、最も注意すべき点は3日間制限です
楽天モバイル3.1GBプランの場合、直近3日間の通信容量の合計が540MBを超えると、その後3日間も通信速度が最大200kbpsにまで抑えられてしまうのです。

各社3日間制限
出展:MVNO各社の直近3日間の通信速度制限

そのことは契約時に説明を受けていたので知ってはいたのですが、あることで、この制限を食らってしまい、とても大変な目にあってしまいました。

テザリングをすると3日間制限を越えやすい

自宅のネット環境は恥ずかしながら、いまだADSLです。
なぜか最近調子が悪いので、楽天モバイルの端末でテザリングをしたことがあります。

そのときはイー・モバイルの時と同じ感覚で、何も考えずにテザリングをしていました。
スマホよりやはりPCでのブラウジングの方が、通信容量も多くなりやすい傾向があります。それなのに一日中テザリングでブラウジングをしていたのです。

速度制限にかかると3日間ネットが使えない

そうしたら気づかないうちに、直近3日間の通信容量が540MBを超えてしまったのです。そして次の日から、スマホでネットが使えなくなってしまったのです。しかも3日間も。

正確には、もし3日間制限を超えてしまっても、その翌日を含む3日間は200kbpsでの通信は可能です。
しかし、200kbpsというのは「最大で200kbps」という意味です。

最大で200kbpsという意味です

ですので、実測の環境でのスピードは200kbpsより低い値になります。
私の場合、スピード計測アプリでも計れないぐらいのスピードに落ちてしまいました。

しかもそれが3日間も。はっきり言って、その間はスマホではネットは一切見れませんでした。唯一できたのが、メールのやり取りぐらいです。

3日間外出先で、ネットが見れないのは地獄です。イライラもします。

その時の心境は、

「俺、そんなに悪いことしたのかよ」

という感じです。

それほど酷いペナルティーを食らいます。

楽天モバイル SIMアプリは必須

今では、まあこれもひとつの勉強だったと思ってはいます。しかし、同じ轍を踏むわけにはいきません。そこで導入したのが、「楽天モバイル SIMアプリ」です。

色々機能があるのですが、やはり、一番重要なのが、直近3日間のデータ通信利用量がひと目で分かることです。

楽天モバイル SIMアプリ

今でもテザリングを使うことはあるのですが、その際は、必ずこのアプリで3日間制限を受けないよう注意しています。もちろん、スマホだけでの利用でも3日間で540MBを超える可能性は十分にあるので、楽天モバイルユーザーは、このアプリ必須だと思います

▼ダウンロードはこちらから

  • Google Play で手に入れよう

MVNOの注意点

以上、約1年MVNOを利用してきましたが、次MVNOを選ぶ際には以下の2点には注意するよう気を付けたいと思います。

  1. 3日間制限の有無と内容
  2. 最低利用期間の長さ

特に3日間制限は、大手キャリアとは違う点なので、これからMVNOを検討する方も、「通信速度」や「安さ」だけでなく、3日制限の有無と内容には注意したほうが良いと思います。

※関連記事