ミニバードからさくらのインターネットに変えた理由

ミニバードサーバー仕様

ミニバードの利点 私は2013年9月から格安レンタルサーバーミニバードを利用していました。ミニバードを今まで使用していたのは、以下のような利点があったからです。 月額:250円~(税抜)と、とても安い さくらのインターネットより速い 動作も安定している 以前はDrupalで住宅会社の比較サイトを運営していたのですが、比較サイトのような複雑なサイトになると、どうしても速度がネックになっていました。ですので、ミニバードを選ぶことになりました。 さくらのインターネットに戻った理由 しかし、このブログは … 続きを読む ミニバードからさくらのインターネットに変えた理由

ミニバードでAWStats 訪問者数が常に1の場合の対処法 utf8問題追補版

AWstatsイメージ

この記事は「家づくり満足度.com開発者の雑記」で記載した記事の追補版です。 「家づくり満足度.com開発者の雑記」は、遅くとも今年7月末には閉鎖予定ですので、当ブログに追補版を投稿しました。 【変更点】 諸所の表記の修正 utf8コードの正しい記述方法を最後に追加 ミニバードでも使えます 格安レンタルサーバーミニバードでは、独自のアクセス解析を提供しています。しかし、お世辞にも高機能とは言えません。そこで、高機能で見やすいAWStatsが登場します。しかも無料です。 インストール手順 まずは公 … 続きを読む ミニバードでAWStats 訪問者数が常に1の場合の対処法 utf8問題追補版

超音波治療はシンスプリントの特効薬

超音波治療器

シンスプリントで整形外科に通うと、大抵シップを処方され、3~4週間程度休養を取るように指導されます。 その指導の他に、電気治療が施されることが多いです。 電気治療の種類 一般的に施術される電気治療には「超音波療法」と「干渉波療法」があります。 超音波治療はピリピリとした感じはありません。無痛です。ただし、治療していることを分からせるために、わざと微弱な電気を流す病院もあります。 どちらかと言えば、整骨院、接骨院、整体院で多く使用されている感じがします。   干渉波治療は、ほとんどの整形外科で行わ … 続きを読む 超音波治療はシンスプリントの特効薬

シンスプリントのストレッチ

ヒラメ筋・後脛骨筋の場所

シンスプリントの原因 諸説ありますが、シンスプリントの原因は「オーバーユース」によって硬くなったふくらはぎの筋肉群(ヒラメ筋・後脛骨筋など)にあるようです。 横浜で整体なら痛み・シビレ専門の整体院ファインさんのサイトなどから引用すると、 ランニングやジャンプの過剰な繰り返しや、つま先立ちを持続することにより、ヒラメ筋や後脛骨筋などのふくらはぎの筋肉は収縮し、骨膜は引っ張られ続けます。そうすると骨膜に炎症(骨膜炎)が起こって痛みが出ます。これがシンスプリントになる原因です。 改めてカンタンに説明す … 続きを読む シンスプリントのストレッチ

ZAMST(ザムスト)AS-1とLC-1が最強

シンスプリントのテーピング一例

ZAMST(ザムスト)SP-1のデメリット 以前の記事ではZAMST(ザムスト) SP-1 すね用サポーターには以下のようなデメリットがあると書きました。 効果が確約できない(合わない人もいる) 1脚で安くても約3,000円 つまり、2脚で6,000円~7,000円の出費になる しっかりとした休養が大事 繰り返しになりますが、シンスプリントの原因はオーバーユースです。 ですから、しっかりと休養を取れば、大体1ヶ月くらいで治るケガです。 しかし、何らかの事情で競技を続けないといけない人もいます。そ … 続きを読む ZAMST(ザムスト)AS-1とLC-1が最強

シップ(湿布)を安く買う方法

パップ剤

前回の記事では、シンスプリントは範囲が広いため、シップを処方してもらってもすぐなくなると書きました。 ただしシンスプリントは、シップを使いながら、しっかり休養取ることで、大体1ヶ月くらいで治ることが多いです。 しかし、何らかの事情でシンスプリントが慢性化してしまった場合、シップ薬も多く必要になり、出費がかさんでしまいます。 時間的なコストもかかる 出費と言えば、もちろん金銭面を意味しています。 しかし、いちいち病院に行って、待つ時間などを考えると「時間的なコスト」も結構かかります。 働いている人 … 続きを読む シップ(湿布)を安く買う方法

シンスプリントには塗り薬は効かない

疼痛部位

シンスプリントの患部は深い シンスプリントは筋肉の炎症ではありません。 その奥にある「骨膜」が過度に引っ張られることによって起こる「骨膜炎」です。 シンスプリントの正式名称は「脛骨過労性骨膜炎」なのです。 疼痛部分は広い 痛みが出る部分は脛骨(向こうずねの骨)にそって痛みが多く出ます。 特に、脛骨の下3分の1ぐらいのところによくみられます。 結構痛む範囲は広いです。 貼るタイプはすぐ無くなる しかも、シンスプリントを患っている人は、大体両脚とも患っていることが多いです。 そうすると、十数枚ほど貼 … 続きを読む シンスプリントには塗り薬は効かない

私がシンスプリントになった理由

体重増減表

私は2015年9月のシルバーウィークにシンスプリントを患いました。 そうです、昨年のシルバーウィークは5連休だったのです。 私は、5日間ずっとランニングをしていました。 この走り込みが、シンスプリントの原因だと思っていました。 確かに、5日間の走り込みは「オーバーユース」につながります。 しかし、原因はそれ以外にもあったのです。 そのことに気づくのに少し時間がかかってしまいました。 急激な体重増加 以下の図をご覧ください。 なんと2012年から「3年で約20kg」も体重が増加していたのです。 私 … 続きを読む 私がシンスプリントになった理由

ZAMST(ザムスト)SP-1効かない人もいる

シンスプリントのテーピング一例

シンスプリントを治すには、まずは休養が大事。 しかし、シンスプリントをかかえながら、競技を続けざるを得ない人もいます。 私は、10年以上ランニングを継続しています。 しかし、それでも最近の3年間で体重が20kg激増しました。 これが私がシンスプリントになった原因です。 ではなぜランニングを継続していたのに、体重が激増したのか? それは長くなるので、別の記事で書きたいと思います。 テーピングはお金がかかる ということで、私はダイエットのためにランニングを続けながら、シンスプリントを治すという難しい … 続きを読む ZAMST(ザムスト)SP-1効かない人もいる

ブログ始めました。

はじめまして、管理人ことシンスプリンターと申します。 現在うつ病、シンスプリントという慢性の病気・ケガを負っています。 きっかけ シンスプリントについては、正しく休養を取れば、比較的治しやすいのです。 ただし、私の場合は、ある複雑な事情があって2015年9月からずっとシンスプリントと闘っています。 その中で思ったのは、意外とシンスプリントやうつ病という慢性のケガや病気と闘っている当事者からの情報発信が無いという点でした。 特に慢性化したシンスプリントに対する情報はほとんど収集することはできません … 続きを読む ブログ始めました。

PAGE« 先頭...34567