ミニバードからさくらのインターネットに変えた理由

ミニバードの利点

私は2013年9月から格安レンタルサーバーミニバードを利用していました。ミニバードを今まで使用していたのは、以下のような利点があったからです。

  • 月額:250円~(税抜)と、とても安い
  • さくらのインターネットより速い
  • 動作も安定している

以前はDrupalで住宅会社の比較サイトを運営していたのですが、比較サイトのような複雑なサイトになると、どうしても速度がネックになっていました。ですので、ミニバードを選ぶことになりました。

さくらのインターネットに戻った理由

しかし、このブログは「さくらのインターネット」で運用しています。
当サイトは、見てのとおり、WordPressで運用しています。
WordPressも、決して高速で軽量なCMSではないと思います。

ではなぜ、速度では劣るさくらのインターネットに戻ったのでしょうか?

ミニバードMySQLのバージョン古く更新予定もなし

当サイトは現時点ではWordPress4.4.2で運用しています。

WordPress4.4.2 日本語版の動作環境は以下のようになっています。

  • PHP バージョン 5.6 以上推奨
  • MySQL バージョン 5.6 以上推奨

最新に近いサーバー環境が推奨になっています。

しかし、ミニバードのサーバー環境を見てみると、MySQLのバージョンが「5.0.95」とかなり古いことに気づきました。

ミニバードサーバー仕様
出典:ミニバード サーバー管理ツールより

【さくらのレンタルサーバ】基本仕様

一方、さくらのさくらのレンタルサーバのサーバー仕様は以下のようになっています。

【さくらのレンタルサーバ】基本仕様
画像出典【さくらのレンタルサーバ】基本仕様より

両者を比較してみると、Perl、Pythonなども、ミニバードの方が古いことが分かります。

格安レンタルサーバーの特性

MySQL5.0.95は、2012年頃のリリースだと思うのですが、いずれにしてもバージョンが古いので、ミニバードに更新予定があるか問い合わせてみました。

誠に恐れ入りますが、現時点ではMySQLのバージョンアップについて予定されておりませんので、ご了承いただきますようお願いいたします。

今回お問い合わせいただきました内容につきましては、お客様からのご要望として、弊社担当に伝えるようにいたします。

という回答だったのです。

最近ではDrupalも、バージョン8がリリースされました。

Drupal8でも必須環境としてMySQL 5.5.3を挙げています。

Wordpressにしろ、Drupalにしろ、CMSがバージョンアップされるたびに、推奨環境も更新されていくことが予想されます。

それでも、MySQLのバージョンアップを予定しないというのは大変ショックでした。

しかし、それが格安サーバーの特性なのでしょう。これをきっかけで、以前に利用していて、信頼性があったさくらインターネットに戻ることにしたのです。

*注意、現時点でのさくらでのMySQLは5.5。きっと順次バージョンアップされると期待しています。

さくらでWordPressの高速化は可能

以上のような経緯で格安・高速のミニバードからさくらインターネットに戻ったのですが、やはりミニバードに比べ、遅いのは事実でした。

しかし、かなり簡単な方法で、WordPressの高速化が実現できました

WP Fastest Cacheは効果テキメン

やったことはたっとひとつ。

WP Fastest Cache」というプラグイン(無償版の方)を導入したことです。
キャッシュ系のプラグインと言えば、「WP Super Cache」が有名ですが、効果の差は歴然です。さくらのインターネットユーザーは、すぐに「WP Fastest Cache」に切り替えたほうがいいと思います。

ちなみに「WP Super Cache」と「WP Fastest Cache」は併用できません。他にも有名な「Head Cleaner」とも併用できません。

【参考サイト】
2015年版 さくらレンタルサーバ上のWordPress高速化対策(広告対応あり)

設定が簡単で不具合も今のところない

「WP Fastest Cache」を有効にすると初めは英語の画面が出ますが、すぐに日本語化できます。

WP Fastest Cache初期画面

Languageから「日本語」を選択し、「Submit」をクリックするだけです。

無償版の場合、チェックできない項目がありますが、それでもかなり高速化できます。

WP Fastest Cacheセッティング

「モバイルユーザーに対してキャッシュを表示しない」以外にチェックを入れるといいと思います。ただそれだけです。

「Head Cleaner」のように難しくて細かい設定をする必要がなく、表示が乱れることも少なくて安心です。

調べてみると、他にもさくらインターネットでWordPressを高速化する方法があるようなので、下記サイトをご参照ください

標準の高速化プラグインは効果が薄い

さくらインターネットでは、Wordpressをクイックインストールすると、いくつかのプラグインが標準でインストールされます。

インストール済みのプラグイン

さくらのレンタルサーバ版wordpressの特長を見ながら、ほぼ全てのプラグインを試してみましたが、はっきり言って「WP Fastest Cache」にはかないません

Autoptimizeプラグインは要注意

しかも、ほぼ全てのプラグインが日本語化されていないので、設定が難しいのです。

中でも気を付けたいのが、「Autoptimize」というプラグインです。
HTML、CSS、JavaScriptを最適化するプラグインのようなのですが、全てにチェックを入れても、あまり速くなりません。

Autoptimize

しかも「Optimize JavaScript Code?」というところにチェックを入れたところ、いくつか表示が乱れるようになりました

高速化もあまり期待できないし、表示乱れも生じるあんまり意味の無いプラグインだと思います。

以上のサイトでも不具合が報告されているので、さくらインターネットと相性のいい「WP Fastest Cache」を使う方がいいと思います。

結論

レンタルサーバーと言えば、「安さ」と「速度」が重要視されますが、やはり、運営会社の信頼度や本気度、使用しているユーザーの多さなども重要なのだなと実感しました。

さくらのレンタルサーバといえば、今でもあまり速い方ではないですが、前述したとおり、かなり簡単にWordPressを高速化できるので、遅さというデメリットも解消できると実感しました。

また当面さくらインターネットのお世話になる予定です。

※関連記事