ロキソニンテープにもジェネリック(後発品)ありました

シップ(湿布)を安く買う方法」という記事の最後で、「ロキソニンテープ」にジェネリックは発売されていないはずと記載しました。

しかし、一昨日、整形外科でロキソニンテープを処方してもらったところ、薬局でジェネリックを販売してもらいました。
ロキソニンテープNaテープ100mg「三笠」 10cm×14cm という商品です。

ロキソニンテープ三笠

しっかり後発品と記載あり
しっかり後発品と記載あり

ちなみに薬局はスギ薬局でした。

種類も豊富にある

私はいつも「モーラステープ」かそれと同成分のパップ剤(オムニードケトプロフェンパップ)を使っています。あまりロキソニンテープを使うことがなかったため、気づかなかったのですが、どうやら、2013~2014年くらいから、ロキソニンテープのジェネリック(後発品)は販売されていたようです。

しかも、とても種類は豊富です。

ロキソニンテープジェネリック一覧表
出展:該当成分の製品(後発品) & 薬価

薬局ではジェネッリクを希望しましょう

先発品のロキソニンテープ100mg(リードケミカル社)の薬価が41.5円、ジェネリック(後発品)は26.6円と4割ぐらい安くなっています

ジェネリックに関しては好き嫌いはあると思います。しかし、シンスプリントを患っている場合は、患部が広いのでシップ(湿布)の消費量が半端ないです。

ですから、ここはここはぜひともジェネリック(後発品)を希望することをおすすめします。

※関連記事