カテゴリー別アーカイブ: シンスプリント対策

シップ(湿布)を安く買う方法ーその最終手段(通院中の方限定)

モーラスパップ60mg

突然ですが、以下のシップ(湿布)、どのくらいの大きさだと思いますか。 答えは14cm×20cmです。一般的なシップ(湿布)のサイズは以下の2種類。 普通サイズ:7cm×10cm 大判サイズ:10cm×14cm ですから、このシップ(湿布)は一般の物に比べてはるかに大きいのです。 大きさは一目瞭然 大きさは一目瞭然。普通サイズ(7cm×10cm)、大判サイズ(10cm×14cm)と、この特大サイズのシップ(湿布)を並べてみました。 これで、冒頭で取り上げた「Hisamitsu モーラスパップ60m … 続きを読む シップ(湿布)を安く買う方法ーその最終手段(通院中の方限定)

シンスプリント対策 シップ(湿布)を無駄なく処方してもらう3つのコツ

疼痛部位

「シンスプリントには塗り薬は効かない」では、シンスプリントの患部は広いと書きました。しかも、両脚同時にシンスプリントになることが多いので、余計にシップ(湿布)が必要となると書きました。 私の場合は、シンスプリントが慢性化しました。そのため、シップ(湿布)もかなり多くの量を使ってきました。その経験を踏まえ、金銭的・時間的に無駄なく、シップ(湿布)を処方してもらうコツをお伝えしたいと思います。 大(14cm×10cm)は小(7cm×10cm)を兼ねる 私のシンスプリントが慢性化してしまった理由のひと … 続きを読む シンスプリント対策 シップ(湿布)を無駄なく処方してもらう3つのコツ

ロキソニンテープにもジェネリック(後発品)ありました

ロキソニンテープ三笠

「シップ(湿布)を安く買う方法」という記事の最後で、「ロキソニンテープ」にジェネリックは発売されていないはずと記載しました。 しかし、一昨日、整形外科でロキソニンテープを処方してもらったところ、薬局でジェネリックを販売してもらいました。 ロキソニンテープNaテープ100mg「三笠」 10cm×14cm という商品です。 ちなみに薬局はスギ薬局でした。 種類も豊富にある 私はいつも「モーラステープ」かそれと同成分のパップ剤(オムニードケトプロフェンパップ)を使っています。あまりロキソニンテープを使 … 続きを読む ロキソニンテープにもジェネリック(後発品)ありました

シンスプリントのストレッチまとめ3つの方法と要点

ヒラメ筋・後脛骨筋の場所

前回の記事では、シンスプリントにストレッチは大変有効であることを書きました。 しかし、前回はその具体例や、どの筋肉がポイントなのかなどの説明が不足していました。ですので、今回の記事で、それらの点について紹介してみたいと思います。 シンスプリントの情報は玉石混交 具体的な方法を説明する前に1つだけ。 私もシンスプリントの患者として、皆様と同じように、ストレッチの方法について、情報を一生懸命に探していました。 しかし、まずネット上で見つけられるのは接骨院・整体院・整骨院の【宣伝目的の情報】ばかりで、 … 続きを読む シンスプリントのストレッチまとめ3つの方法と要点

ソルボの選び方 ランニングシューズ編

ソルボランニング

以前の記事では、ソルボはシンスプリントの痛みを軽減し、治療も早める効果も予想できると書きました。 しかし、ソルボは、種類が多くありすぎて、何を買ったらいいか分かりにくいというデメリットも指摘しました。 ただし、ランニングシューズ用という点では、選択肢は2つだけです。 DSISソルボランニング ランナーの必需品。走りやすく、トラブルを軽減 ランニング専用インソールの表生地として開発されたハイゲージシンカーパイルが足底マメを防ぎ、3つのアーチを支えて効率よく安定したフォームで長時間走ることができるD … 続きを読む ソルボの選び方 ランニングシューズ編

ソルボの選び方 デイリー(普段靴)・ウォーキングシューズ編

DSISソルボメディ

以前の記事では、ソルボはシンスプリントの痛みを軽減し、治療も早める効果も予想できると書きました。 しかし、ソルボは、種類が多くありすぎて、何を買ったらいいか分かりにくいというデメリットも指摘しました。 特にデイリー(普段靴)・ウォーキングシューズの場合、少なくとも選択肢は4つあり、どれを選んで良いのかがいまいちよく分かりません。 DSISソルボメディ フルインソールタイプ 足のトラブルの対策に。 医療分野で高い評価 足、膝、腰の痛みなどのトラブルに、医療分野で高い評価をうけ、信頼を得ているフルイ … 続きを読む ソルボの選び方 デイリー(普段靴)・ウォーキングシューズ編

ソルボはシンスプリントの救世主

人工筋肉「ソルボセイン」

シンスプリントになったらまずはソルボ 前回の記事では、「以下の方法を取って、早いうちにシンスプリトを治しましょう」と説明しました。 しっかりと休養を取る シップ(湿布)で鎮痛・消炎効果を図る 超音波治療を併用する しかし、その他にも、シンスプリントになったらすべきことがあります。 それは、インソール(中敷)をソルボに取り替えることです。 ソルボセインとは 驚異的な衝撃吸収力と圧力分散性能を実現する人工筋肉として、医療の現場で高く評価されている素材です。 図にあるように電球をハンマーで叩いても、電 … 続きを読む ソルボはシンスプリントの救世主

超音波治療はシンスプリントの特効薬

超音波治療器

シンスプリントで整形外科に通うと、大抵シップを処方され、3~4週間程度休養を取るように指導されます。 その指導の他に、電気治療が施されることが多いです。 電気治療の種類 一般的に施術される電気治療には「超音波療法」と「干渉波療法」があります。 超音波治療はピリピリとした感じはありません。無痛です。ただし、治療していることを分からせるために、わざと微弱な電気を流す病院もあります。 どちらかと言えば、整骨院、接骨院、整体院で多く使用されている感じがします。   干渉波治療は、ほとんどの整形外科で行わ … 続きを読む 超音波治療はシンスプリントの特効薬

シンスプリントのストレッチ

ヒラメ筋・後脛骨筋の場所

シンスプリントの原因 諸説ありますが、シンスプリントの原因は「オーバーユース」によって硬くなったふくらはぎの筋肉群(ヒラメ筋・後脛骨筋など)にあるようです。 横浜で整体なら痛み・シビレ専門の整体院ファインさんのサイトなどから引用すると、 ランニングやジャンプの過剰な繰り返しや、つま先立ちを持続することにより、ヒラメ筋や後脛骨筋などのふくらはぎの筋肉は収縮し、骨膜は引っ張られ続けます。そうすると骨膜に炎症(骨膜炎)が起こって痛みが出ます。これがシンスプリントになる原因です。 改めてカンタンに説明す … 続きを読む シンスプリントのストレッチ

ZAMST(ザムスト)AS-1とLC-1が最強

シンスプリントのテーピング一例

ZAMST(ザムスト)SP-1のデメリット 以前の記事ではZAMST(ザムスト) SP-1 すね用サポーターには以下のようなデメリットがあると書きました。 効果が確約できない(合わない人もいる) 1脚で安くても約3,000円 つまり、2脚で6,000円~7,000円の出費になる しっかりとした休養が大事 繰り返しになりますが、シンスプリントの原因はオーバーユースです。 ですから、しっかりと休養を取れば、大体1ヶ月くらいで治るケガです。 しかし、何らかの事情で競技を続けないといけない人もいます。そ … 続きを読む ZAMST(ザムスト)AS-1とLC-1が最強

PAGE12